院内紹介

こちらがクリニックへの入り口になります

こちらがクリニックへの入り口になります

この通路の右手側にあります

この通路の右手側にあります

エントランス

エントランス

受付

受付

待合室

待合室

診察室

診察室

処置室

処置室

検査室

検査室

手術室

手術室

こちらがクリニックへの入り口になります この通路の右手側にあります エントランス 受付 待合室 診察室 処置室 検査室 手術室

機器紹介

オートレフケラト/トノ/パキメータ

オートレフケラト/トノ/パキメータ
  • レフ・ケラト・眼圧・角膜厚の一体型で患者移動することなく測定が可能
  • レフ測定:ラージピューピルゾーン測定方式にて中央部分のみでなく最大6mmのソーンの測定を行います。
  • アコモドメーター機能:調節力を他覚的に測定
  • 眼圧測定:被検者に優しいエアー噴出
  • レトロイルミネーション機能:徹照像から眼透光体の混濁の様子が観察でします。

角膜形状/屈折力測定装置

角膜形状/屈折力測定装置
  • 角膜形状と瞳孔領域内の屈折を測定します。
  • Overviewサマリー
  • Axialマップ:角膜屈折力
  • OPDマップ:眼屈折度
  • InternalOPD:眼内の屈折力
  • Corneal Navigator角膜の各症例に分類
  • 乱視情報・瞳孔情報・徹照像・角膜球面収差・角膜分類・高次収差
  • 高次収差を解析し見え方を他覚的にシュミレーションします。

スペキュラーマイクロスコープ

スペキュラーマイクロスコープ
  • 角膜内皮細胞撮影
  • スピーディー撮影・解析
  • パラセントラル撮影

オートレンズメータ

オートレンズメータ
  • 眼鏡の屈折力を測定機器

光干渉式眼軸長測定装置

光干渉式眼軸長測定装置
  • 白内障手術IOL度数決定時非接触で測定
  • 角膜屈折力・眼軸・角膜厚・前房深度・瞳孔径・角膜径の測定可能
  • LASIK眼など特殊角膜でのIOL度数計算に
  • Camellin&Calossi式・Shammas-PL式

エコースキャン

エコースキャン
  • Bモード・Aモード測定装置
  • Bモード:白内障等によりスリット観察が難しい硝子体混濁・眼底観察をします。
  • Aモード:光干渉式眼軸長測定が困難な場合超音波で眼軸長を測定します。白内障手術IOL度数計算します。

オート無散瞳眼底カメラ

オート無散瞳眼底カメラ
  • 1,200万画素の高画質眼底カメラ
  • 瞳孔径4mm(小瞳孔径モード3.3mm)無散瞳眼底カメラ
  • オート切替・オート撮影機能
  • 低光量フラッシュ:従来モデルより低光量のフラッシュ

白内障硝子体手術装置

白内障硝子体手術装置
  • 白内障と硝子体の手術が1台で
  • 2基の吸引ポンプ:吸引ポンプにペリスタルティックポンフプを採用
  • ハイスピード硝子体カッター:8,000カット/分の高速駆動硝子体カッター

光干渉断層計

光干渉断層計
  • 眼底疾患・緑内障の観察・診断補助
  • 高速・高感度OCTカメラ:85,000A-Scan/秒のスキャン速度
  • 緑内障正常眼データーベースとの比較参照
  • アイトレーサー機能による経過観察フォローアップ表示
  • OCT-Angiographyによる無還流領域の観察
  • 前眼部撮影による角膜厚・隅角撮影

イエローレーザー光凝固装置

イエローレーザー光凝固装置
  • コンパクト577nmレーザー
  • キサントフィルの吸収が少なく水晶体など中間透光体に対する透過率
  • 酸化ヘモグロビンに対する吸収率が高い波長をもった装置
  • SOLC機能
  • スポットサイズを大きく設定しても角膜上のパワー密度を上昇させない機能。
  • わかりやすいタッチモニター
  • 照射時は画面が自動で輝度をおとし術者の妨げにならない様配慮します。
  • 連続可変スポットサイズ
  • スポットサイズは連続的に任意で設定が可能50~990μm

ヤグレーザー手術装置

ヤグレーザー手術装置
  • 360度電動回転式デュアルエイミング
  • デュアル・ビーム方式でエイミングを自動回転させることでさまざまな状態の患部組織に対応可能
  • 高解像度観察
  • 従来に比べ高解像度な見え味
  • LED照明を採用し色温度の変化がしにくい照明
  • 演色性が高く、従来のハロゲン光源に近い色合い
  • ジョイスティックから手を放さずに操作が可能なジョイスティック部のSスイッチ
  • エネルギーのアップ/ダウン・エイミングの回転開始/停止
  • 見やすいコントロール画面